電子工作超入門・最終回【これまでのまとめ】

  • 2016/4/11
  • 電子工作超入門・最終回【これまでのまとめ】 はコメントを受け付けていません。

これまで入力系、処理系、出力系の電子部品の紹介迄、進んで来ました。

電子工作は、単純に考えると、出力系のパーツを人間に役に立つ仕事が出来るように、仕組みを考えることが先ず初めです。
モーターを使ってプロペラを回せば風が吹く仕組みを使って、扇風機を作るなどです。

そこを考えたら、次に、機能です。
弱い風、強い風を出す機能と言う具合に、考えると
電気を強くしたり、弱くしたりと言う、処理をする必要があります。
そこで、電気の流れを変える、には、どんな部品があるだろうか?

抵抗で電流の流れ方を変えたら、風の強さの調節が出来そうだなどです。

機械側の構造とスイッチを組み合わせてモーターの回転方向を切り替え、首振り機能を付けても、よいでいでしょう。

実現方法は、解らなくても、ネットで、調べれば、大抵のことは資料が見つかります。

次に、電気的なルールに基づいて、入力系の部品を選びます。
使用する、モーターに流して良い電圧は何ボルトまで?
それが解れば、電源に何を使えば良いかが解ります。
電池なのか、USB電源なのか?

後は、それらを組み合わせて、実際の回路を組んでいきますが、
その上で、オームの法則やキルヒホッフの法則など、電気的な事情やルールに基づいて、組んで行く必要があるので、抵抗やダイオードなどの扇風機の機能に直接関係ない、部品も必要に成って来ます。

更にコンセントは、交流という、プラスマイナスがめまぐるしく入れ替わり、プラスとマイナスが決まっている直流回路には、そのままでは使えません。複数のダイオードの組み合わせで、直流に変換して使います。

ここまでが、電子工作の基礎となる、電気の話の理論編でした。
以上で電子工作超入門が最終回となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 第3回目ではボタンを押すとyoutubeの動画がランダム表示されるものを作成しました。今度はランダム…
  2. ワードプレスでオリジナルテーマを作ってみたい! 全くのイチからの作成手順をご紹介していきたいと思い…

ピックアップ記事

  1. 独学でプログラミング学習に挑戦したは良いが、結局挫折を繰り返す日々。   そんな挫折経験者や…
  2. ネットで調べると実に様々な方法が出てきます。 サーバーによっても様々なアプローチが。 今回私…
  3. 1.さくらVPSにPHP、MySQL、Ruby on Railsを設置。 これらを設置するまで…
  4. 他人様のコンテンツを引っ張ってきて、 自分なりにアレンジを加えた形で 独自のコンテンツとして提供…
ページ上部へ戻る