さくらVPS・独自ドメインでRailsアプリを公開する方法

  • 2015/6/20
  • さくらVPS・独自ドメインでRailsアプリを公開する方法 はコメントを受け付けていません。

ネットで調べると実に様々な方法が出てきます。
サーバーによっても様々なアプローチが。

今回私がご紹介するのは、
Apacheが導入されているサーバーに
PassengerをインストールしてRailsアプリを公開する方法です。

前回ご紹介した、「さくらVPSで独自ドメインを設定」後
RailsアプリをApacheの上で動作させるために
Railsアプリの実行環境のひとつ「Passenger」をインストール。

 

ターミナルソフト等でVPSサーバーへログイン後、

(1) passengerをインストール
$ gem install passenger

(2)apacheにpassengerモジュールをインストール
$ passenger-install-apache2-module

※ 必要なソフトウェアがない場合はコマンドでインストール
passenger
(例)$ sudo yum install libcurl-devel httpd-devel apr-devel apr-util-devel

インストール後、もう一度同じコマンドを入力。
$ passenger-install-apache2-module

railsアプリケーションを作成しておく。

(例)$ cd /var/www/chichigimi.link/public_html/
(例)$ rails new hit_app

VirtualHostの設定を修正する
(例)$ sudo vim /etc/httpd/conf.d/chichigimi.link.conf

<VirtualHost *:80>
    ServerName chichigimi.link
    DocumentRoot "/var/www/chichigimi.link/public_html/hit_app/public"
    RailsEnv production
    PassengerEnabled on
    ErrorLog /var/log/httpd/chichigimi.link_error_log
    CustomLog /var/log/httpd/chichigimi.link_access_log combined
    AddDefaultCharset UTF-8
    <Directory "/var/www/chichigimi.link/public_html">
        AllowOverride All
    </Directory>
</VirtualHost>

$ service httpd configtest
$ sudo service httpd restart

独自ドメインのWEBページへアクセス
error1

The page you were looking for doesn’t exist.
このようなエラーが出たら、

例えば、topコントローラーのindexアクションを作成してみる。
(例)$ rails g controller top index

configファイルのroutes.rbを修正

(例) root to: “top#index”

サーバの再起動
$ sudo service httpd restart

再度、独自ドメインのWEBページへアクセス。
これで完成です。



※どうしても解決できないあなたへ
ここで質問することができます。早速登録してみることをお勧めします。
バグで困ったときは【teratail】に相談!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 第3回目ではボタンを押すとyoutubeの動画がランダム表示されるものを作成しました。今度はランダム…
  2. ワードプレスでオリジナルテーマを作ってみたい! 全くのイチからの作成手順をご紹介していきたいと思い…

ピックアップ記事

  1. 独学でプログラミング学習に挑戦したは良いが、結局挫折を繰り返す日々。   そんな挫折経験者や…
  2. ネットで調べると実に様々な方法が出てきます。 サーバーによっても様々なアプローチが。 今回私…
  3. 1.さくらVPSにPHP、MySQL、Ruby on Railsを設置。 これらを設置するまで…
  4. 他人様のコンテンツを引っ張ってきて、 自分なりにアレンジを加えた形で 独自のコンテンツとして提供…
ページ上部へ戻る