イチから始めるWeb API活用講座・第1回目

  • 2015/2/12
  • イチから始めるWeb API活用講座・第1回目 はコメントを受け付けていません。

他人様のコンテンツを引っ張ってきて、
自分なりにアレンジを加えた形で
独自のコンテンツとして提供できる「Web API」
 
amazonやyahoo、DMM等の大手企業も提供しているサービスです。
 

・リクエストURLを作る(作り方は様々)
・投げた結果がxml等で返ってくる。
・返ってきたものをアレンジして表示させる。
 

早速、リクエストURLから作っていきましょう。
 

今回はヤフオクについて記載します。
Yahoo!デベロッパーネットワーク・オークション」を使用します。
 

yahooの場合
最初にYahoo! JAPAN IDの取得から始まります。
 

その後、アプリケーション登録で
アプリケーションIDを取得します。
このアプリケーションIDをリクエストURLに含めます。
 

商品の検索機能を使いたいので、
検索」からデータをもらいます。

rikuesuto
 
今回はXMLのURLを使用します。
このリクエストURLの後ろにパラメーターというものをつけて、
引っ張ってきたいデータを取得するのです。
(※必須のものもあり、それは含める必要あり。)
 

上記リクエストURL?appid=あなたのアプリケーションID&query=AKB48
appidやqueryはyahooオークション・検索の場合は必須パラメーター
AKB48はお好きなワード。管理人の好みで付けただけ(^^♪ 

生成したURLをwebブラウザのURL入力欄に入れてXML形式で表示させてみましょう。

このデータをリクエストURLとして送るのです。

以上がリクエストURLの生成手順になります。

参考教材「転売・せどりのためのプログラミング基礎講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 第3回目ではボタンを押すとyoutubeの動画がランダム表示されるものを作成しました。今度はランダム…
  2. ワードプレスでオリジナルテーマを作ってみたい! 全くのイチからの作成手順をご紹介していきたいと思い…

ピックアップ記事

  1. 独学でプログラミング学習に挑戦したは良いが、結局挫折を繰り返す日々。   そんな挫折経験者や…
  2. ネットで調べると実に様々な方法が出てきます。 サーバーによっても様々なアプローチが。 今回私…
  3. 1.さくらVPSにPHP、MySQL、Ruby on Railsを設置。 これらを設置するまで…
  4. 他人様のコンテンツを引っ張ってきて、 自分なりにアレンジを加えた形で 独自のコンテンツとして提供…
ページ上部へ戻る